愛知県一宮市にあるECCジュニアの英会話教室です

英検と公立高校入試分析

 
  2017/12/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

昨日は 愛知県公立高校入試分析 セミナーに出席しました。

もうこんな 時期になってきました。

こ年の愛知県の英語の対策は

「文法力」をつけて「読解問題」を制する!

① ⇒ 「単語補充」「語形変化」で確実に得点する。

記述重視の入試のため、基本的な文法事項と「単語を書く力」は必要不可欠!

② ⇒ 「語順整序」「空所補充」対策で得点力アップ!

対策すれば得点可能な問題で確実に得点し、差をつける。

③ ⇒ 他県入試で「英作文」を完全攻略!さまざまなテーマの

意見英作文に取り組み、英文を書くことに慣れる!

 

↑上部は昨年度の愛知県公立入試の問題で、新たにできた 英作文2点問題です。

自分の意見を英語で表現できることに(自己発信中心)なってきました。

英作文は「条件英作文」 「自由英作文」に分かれます。

愛知県は的確な英語表現が求められる条件英作文です。他県より難度が高いです。

なぜ英語が難しくなっていくのかは 2020年度の大学入試改訂に伴った

英語科の4技能重視を中心に行うことで すべての試験(高校入試、中学入試)に

英検のような外部試験を利用するようになり、試験内容も変化しているのです。

一般入試で「英検に何級を持っておけば入試に使えるのか?」

2016年度 準1級:25.5%  2級:53.1%  準2級:19.6%

2017年度 準1級:33.5%  2級:35.1%  準2級:29.3%

⇒基準(出願資格、満点扱い等)は、国公立、最難関私立⇒準1級 中堅私大⇒2級

このように 教室では 変化していく入試にきっちり合わせて指導しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英語で叶える君の世界 , 2017 All Rights Reserved.